新着情報

学校情報

平成31年度 都立高推薦入試応募状況(連携型、在京外国人生徒対象入試と国際バカロレアコースの最終を含む)

1月23日(水)都立高推薦入試の出願が行われました。
産業技術高専を除く推薦入試の募集人員9,024人(前年度9,027人)に対し応募者数は23,547人(同25,092人),応募倍率は2.61倍(同2.78倍)で前年度より0.17ポイントダウンしました。
男女別募集の普通科男子は2.60倍(2.82倍),女子3.28倍(3.47倍),コース制2.06倍(2.15倍),単位制普通科2.77倍(2.85倍)と普通科は軒並みダウン,総合学科1.97倍(2.22倍),商業科1.67倍(1.73倍),工業科1.68倍(1.79倍)など総合学科,専門学科も多くの学科で下がっています。また,定員割れとなった学校・学科・コースが前年度の3校4学科0コースから8校9学科1コースへと大幅に増加しました。文化・スポーツ等特別推薦は95校995人の定員で実施。応募者数は1,934人,応募倍率は1.94倍(前年度1.96倍)でこちらは前年度並みの倍率を維持しています。
前年度の応募倍率と比較できる一覧を掲載しましたので,下から選んでご覧ください。
※片倉の普通科の女子の応募者数と倍率が変更になっています。

【ご注意】
  • 表中の募集人員,応募者数ともに「一般推薦」と「文化・スポーツ等特別推薦」の合計数値です。従って「文化・スポーツ等特別推薦」の数値は,その高校の応募者数の内数となります。( )内の数値は,「文化・スポーツ等特別推薦」のみに出願した生徒(一般推薦に同時に出願していない)の人数です。
  • チャレンジスクールである桐ヶ丘,世田谷泉,大江戸,六本木,稔ヶ丘、定時制の一橋,浅草,荻窪、八王子拓真(一般枠,チャレンジ枠とも),砂川,新宿山吹「普通」などは推薦入試を行いません。
  • 連携型入試の募集人員は,一般入試の募集人員の内数です。
  • 面接,集団討論,作文・小論文・実技検査等は1月26日(土),27日(日)に行われます(学校によっては26日の1日で終了することもあります)。